ペルセウス座流星群 くらぶち天文台 無料シャトルバス付き

イベント

夏休みの真っ最中。

お!これいいじゃんと思ったイベント。

8月1日付の広報高崎。

ペルセウス座流星群をくらぶちこども天文台で見るツアーがあります。

日時は8月12日(月)午後5-10時。

平日ですがお盆休みに入っているパパもたくさんいると思います。

高崎駅から無料のバスが出るので運転しなくて良いのもいいですね。

しかしながら無料バスの申し込みは8月7日(水)までとなっております。

急ぎなのでバスで行きたい方は是非!

ペルセウス座流星群って?

国立天文台のサイトより参照させていただきます。

ペルセウス座流星群とは、

 

三大流星群のひとつで、年間でも常に1・2を争う流星数を誇ります。条件がよい時に熟練した観測者が見ると、1時間あたり80個以上の流星が観測されます。極大の時期がお盆の直前なので、夏休みなどの時期と重なり多くの人が注目しやすい流星群です。

 

ちなみに2019年の場合、8月13日付近がもっとも見やすくなるとか。

流星がよく見える条件

もちろんですが、夜空が一番暗くなるときが最もたくさん見ることができます。

今年は8月15日が満月のため、その前が一番良い条件なんだそうです。

上記、国立天文台のリンク先にも、

 

12日の夜に、最も多くの流星が出現すると予想されます。

 

と書いてあります。

こりゃ、子供と夏の思い出作るビックなチャーンス!

持ち物

今回のイベント。すぐ横にあるサッカー場で寝っ転がって流星群を見ることができます。

なのでレジャーシートや簡易椅子なんかあると便利ですね。

広報たかさきに記載がありますが、寒いかもしれないので長袖の衣類、それから虫除けは必須でしょう。

普通に車で行っても高崎駅から1時間くらいで到着します。

子供に不安があれば自力で行くことをお勧めします。

それならすぐに帰ることができますからね。

まとめ

夏の夜空って子供の想像力をふくらませるのにとってもぴったり。

神秘的な流れ星を体験してみてください。

くらぶちこども天文台 さっそくいってみた!3月16日オープン!
さて本日2019年3月16日はくらぶちこども天文台がオープンする日。 日中はずっと家にいた我が子2人。 夕方に車に乗せて行ってきました。 実際に行ってみるといろいろな事が分かったのでシェアしますよ! くらぶちこども天文台...

コメント