清仁軒 手打ちらーめん 絶メシ

絶メシリスト

先日は初めての訪問。

精仁軒

高崎の絶メシリストにも入っているこのお店。

高崎ではすでに伝説と化した清華軒の流れを継ぐお店とのこと。

2017年3月オープンだったのですが、私は初の訪問です。

季節は寒くなってきた10月初旬。

あっさりとしたラーメンが食べたいなとのことでこちらをチョイスしました。

外観はとっても綺麗なのですが果たして絶メシ?なのでしょうか?

精仁軒 営業時間は?

場所:高崎市本町117-3

営業時間は

昼11:00-15:00

火曜のみ18:00-21:00夜も営業中。

 

昼間しかやっていないラーメン屋さんはだいたい流行る傾向あり。

多分、本格的にスープを取っているので夜の分まで回らないのだろうと推測してます。

駐車場も4台ほどあり。車社会グンマーでは嬉しいかぎり。

さらに高崎市の本町という場所がら、駐車場の確保が難しい地域です。

精仁軒 レイアウト

さて、入店します。時間は13:00すぎ。

店内はピークが過ぎたのかお客さんの入りは半分くらい。

入り口のすぐ左手に小さな食券機あり。

こちらで食券を購入します。

記憶が定かでなくて申し訳ないのですが、「なつかしのら〜めん」的な720円のボタンをポチり。

店員さんに食券を渡すと「手打ち」か「細麺」かを聞かれるシステムです。

もちろん「手打ち」でお願いします。

参考:らーめん 恵比寿 高崎 ものすごくレベルの高い昭和のらーめん

 

「手打ち」がメインの清仁軒ですが、細麺もあるとのこと。

モツ煮も美味しそうですが今回はやめておきましょう。

カウンターテーブルに着席するとおしぼりが出てきました。

やっぱり食事前におしぼりが出てくるとありがたいですね。

カウンターにはコップや割り箸・ティッシュあり。

こちらではお冷は自分で注ぐセルフサービスです。

精仁軒 手打ちラーメン

さて、先客3名いたため、10分ほど待っての着丼です。

見事なまでの清華軒ライクな手打ちラーメンです。

やっぱりナルト。清仁軒でも右手前の配置。

チャーシューは大きめなのが1枚。

あぶらそこそこで何枚でも食べられそうなチャーシューです。

ほろほろに煮込まれてます。ラーメンのスープを吸ってウマーですね。

メンマも自家製でしょう。

絶メシでのインタビューでは店主さんの清華軒への思い出について、

下記のようなコメントがありました。

「極めて普通だということです。普通のすごさというか、当たり前のことを当たり前にしている。しかし、それってすごく難しいことなんですよね」

(略)

「それはやっぱり、麺もスープも丁寧に自分たちで作っているから。もちろんその分、手間はすごくかかってましたね」

スープをたくさんからめとる手打ち麺。

うどんっぽい食感。これがたまりません。

麺もスープもメンマも手作り。

既製品をたくさん使っているラーメン店、とっても多いです。

しかしながら、お客さんの舌はごまかせません。

本格的な味を安い値段で出すお店にお客さんは流れてきます。

ごちそうさまでした。

精仁軒 まとめ

とっても満足な一品でした。

お腹にも優しい本格的な味。

すっかり秋めいて来たこの季節。

こちらの手打ちラーメンオススメです。

子連れで行けるお店ランク なし(☆☆☆が最高)
ー評価ポイントー
・テーブル席少な目。子供10歳くらいから

コメント