いち蔵 八島町 6月末で閉店

高崎のグルメ

さてGWの締めはこちらへ。

八島町にあるいち蔵さんです。

それでは入ります。

いち蔵 八島町

ザ・昭和の居酒屋ないち蔵さん。

リーズナブルで新鮮な魚がメインのお店。

今回はある噂を聞いたので駆けつけました。

営業時間は?

場所:高崎市八島町104

営業時間:17:00-24:00 (日曜休)

レイアウト

店内は期待通りの昭和な雰囲気。

食事メニューはカウンターの頭上に。

カウンターにはテレビもあり。

一人で入っても退屈しません。

さらに奥にはお座敷もあります。

子連れでも楽しめます。

一人であることを告げるとカウンターへ。

仕切りも準備してもらってますしコロナ対策はバッチリ。

先客5組ほど。

お座敷にもお客さんいます。

さすが混んでますね。

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー。

瓶ビールに大瓶があるのがうれしいところ。

さらにドリンクメニュー裏側には追加メニューを発見。

ポストイットです。

やはり閉店の情報あり。

6月30日で閉店です。

高崎の名店居酒屋が一つまたなくなってしまいます。

残念。

気を取り直して注文です。

瓶ビールとボイルホタル、それからタコの唐揚げを注文しました。

しばし待ちます。

実食

さてまず初めはお通しから。(料金不明)

きゅうりと鳥のささみと大根の炒め物。   

ボイルホタル。(500円)

ホタルイカの身の大きさから富山産であることがわかります。

正直、この量で500円は破格。

ワサビをつけてパクり。

ホタルイカには酢味噌ではなくワサビ派の私。

そのほうがホタルイカの香りが引き立つんですよね。

タコの唐揚げ(500円)

岩塩とレモンでパクり。

とっても柔らか。

少しくらい歯が悪いおじいさんでもいけそうな柔らかさ。

たまらず谷川岳の小瓶(820円)を追加。

安定した群馬の地酒。

この日はお通し含め4点でお会計3000円ほどでした。

ごちそうさまでした。

まとめ

完璧までの昭和居酒屋。

味も最高なのですが惜しむべきは閉店。

6月までにもう一度訪問しようと思います。

ではでは。

子連れで行けるお店ランク ☆(☆☆☆が最高)

ー評価ポイントー

・お座敷あり

コメント