ラーメン赤沼 子連れもOK クセになるゴワゴワ・ワシワシ麺

高崎のラーメン

こんにちは。

久しぶりに食レポ。

コロナも落ち着き、緊急事態宣言が解除。

以前から行きたかったこちらのお店に参上しました。

ラーメン赤沼

去年の年末に開店したこちら。

実はツイッターで開店情報をもらっておりました。

いつか行こう、行こうと思いながらコロナが流行り結局のところ初来訪。

ラーメン赤沼 高崎のnew二郎系 オープン江木町
さて、開店情報です。 ラーメン赤沼さんというお店が江木町にオープンです。 オープンは12月24日の11:00とのこと。 ラーメン赤沼 高崎のnew二郎系 ラーメン赤沼さん。 楽しみなのは二郎系のところ。 ...

とっても美味しい!と評判の赤沼さん。

ホロホロの豚肉と大胆なマシマシ。

いわゆる二郎インスパイヤです。

おっさんの私が完食できるか、挑戦が始まります。

営業時間は?

場所:高崎市江木町624-33

営業時間ですが、ツイッターで流れてくるものを参照した方がいいです。

駐車場は?

駐車場はお店の前に5台。

それから少し歩いたところに第2駐車場があります。

通りの道は狭いので少し注意が必要。

それでは入ります。

レイアウト

こんにちは〜と言って入ります。

店内3人待ち。

まず食券を購入。

ラーメン(850円)をチョイス。

小ラーメン・ラーメン・大ラーメンの3サイズあり。

小ラーメンは150gなので子供でも食べられそうなサイズ。

豚を増すとそれぞれ250円になります。

販売機の下にはこんな文字も。

おおぎやラーメンの辛ネギのような辛いネギのトッピングも可能。

さらには持ち帰り豚もあり。2,000円の豚はどのくらいのボリュームなのでしょう。

店内はテーブル席のみ。

さらには子供用の椅子も発見。

家族で来れる二郎系ですね。

食券を買って、少し待っていると店員さんからお声がけ。

まず座る席を案内されます。

その後、食券を渡してトッピングを指定。

野菜少なめをお願いしました。

番号札を渡されます。

「4番の方〜」と呼ばれたらカウンターに取りにいくセルフ方式。

見れば店員さんはひとりだけ。

店長さんでしょう。

若そうに見えますがしっかりとした接客です。

全てをひとりでこなすワンオペに頭が下がります。

ラーメン赤沼 コロナ対策

赤沼さんのコロナ対策はバッチリ。

まず入店時にウイルス除菌の噴霧を義務付けております。

セルフ方式のこのお店。

やっぱり他人がさわったものは気になりますね。

テーブルも元は2人がけであったであろうものを1人用に。

さらにお手製と思われる木の仕切りが入ります。

ティッシュも2箱常備。

ワンオペのため極力、省人化を図っていると思われます。

この辺のアイデアは見習いたいところ。

さらにカエシもテーブル棚に常備。

赤沼さんでは増しの指定が野菜とアブラしかありません。

ニンニクとショウガはセルフサービス。

この辺もせっかちなグンマーにはぴったりか。

実食

食券を渡してから10分ほどで提供です。

ラーメン(野菜少なめ)+ニンニク・ショウガ(セルフ)

まずは麺。平打ちのゴワゴワ・ワシワシ麺。

最近、麺のタイプが変わった?と言われている赤沼さん。

私にはこれがお初の味&食感。

かなり特徴のある麺は私もとっても満足。

これを食べに赤沼にくる人も多いでしょう。

そして豚。

ツイッター界隈ではとっても評判のいい豚肉。

子供のげんこつ大の大きさの豚が2つ。

私的にはこのくらいで満足。

ホロホロです。うまい!

スープは乳化した二郎というべきスープ。

野菜は少なめで注文。

最近はヤサイが多いと食べきれないことも多々あり。

このくらいでOK。

ニンニクとショウガはセルフで。

この日は仕事休み。ニンニクも投入します。

ホロホロの豚肉。

パクッと食べられます。

ワシワシと麺と格闘すること10分。

完食です!やった食べられたよ!

まとめ

赤沼さんは特徴のあるゴワゴワ・ワシワシ麺とホロホロの豚。

さらに、二郎系ではあり得ない小さな子連れでもいけそうなお店。

高崎の有名ラーメン店として今度も頑張ってほしいものです。

予想以上の味でした。

フクシマパパ はラーメン赤沼さんを応援しています。

ではでは。

子連れで行けるお店ランク ☆(☆☆☆が最高)

ー評価ポイントー

・子供用のイスあり

コメント