飲食店を救う?ウーバーイーツは群馬に来るのか?

子育てコラム

さて、GW最終日な私ですが表題のことについて少し書いてみようと思います。

現在、新型コロナウイルスの関係で高崎も含め群馬の飲食店が軒並みピンチ。

テイクアウトが盛んに喧伝されております。

クラウドファンディングなど新しい動きもあってそれはそれでいいことなのですが。

やっぱりテイクアウトを増やすには高崎にもウーバーイーツが必要だよね?

という気持ちを書いてみたいと思います。

なぜかって車社会グンマーで子育て世代に必要なのもの。

それは絶対にウーバーイーツだからです。

Uber Eats テイクアウトに必要

Uber Eats(ウーバーイーツ)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

簡単にいうと、レストランと客とをつなぐマッチングアプリのようなものです。

レストランとしては宅配をしたいけどそれだけの従業員を雇うのは大変。

お客さんとしてはドライブスルーだけじゃなくいろんなお店のメニューを宅配で味わえる。

この2つのメリットは相当なものです。

すでに東京や大阪など大都市では出回っているものの、群馬は未だ適用範囲外なのです。

宅配ピザの適用範囲から自分の住所がもれていたかのような敗北感があります。ぐぬぬ。

 

ウーバーイーツエリア

 

テイクアウトというと、サービスを受ける我々の1番の問題はお店に行かなければならないこと。

どうしても子育て世代だと車から子供を降ろすのが面倒。

さらに車社会グンマーでは駐車場が必須です。

ドライブスルーがあれば一番いいのですが、大体は大手のファーストフード店。

すぐに飽きちゃいますよね?

結果、いろんなお店のテイクアウトを利用するには至らないのです。

Uber Eats どんなお店が出店しているの?

例えばですが、東京の例を取るとハンバーガー屋さん。

鉄板のマクドナルドから高級ハンバーガーまで数多い品揃え。

高崎で流行れば週末のマクドナルド渋滞も緩和するでしょう。

朝食も可能

それから朝食とブランチなんてのもあります。

朝食もなかなかあなどれません。

自宅勤務しているサラリーマンとか、出張中のビジネスマンからのオーダーも多いでしょう。

配送料って取られるの?

ウーバーイーツの料金ですが、料理代の他に、

サービス料10%+送料(配送手数料)

がかかります。

こちらのサイトによれば、

送料は50円~550円の間で、レストランとの距離や人気などの要素から自動的に算出されます。

とのこと。

面白いのが、送料は固定ではなく距離や人気に関連しているとか。

またピークタイムや雨の日の場合、運ぶ人が足りていないと高くなったりするそうです笑。

つまりリアルタイムで送料が変わるんですね。

このあたりは近未来的なオーダー方式です。

支払いは?

2020年5月現在では、クレジットカードが支流です。

これならいちいちお金を手渡しする必要がありません。

わずらわしいお金のやり取りは面倒ですね。

その他、Line PayやApple Payでも払えてしまうそうです。

もちろん現金もOKです。

まとめ

自宅にいながらたくさんの飲食店のサービスが受けられるウーバーイーツ。

高崎にも来ないかな〜と首を長くして待っております。

ではでは。

コメント