令和元年 確定申告 e-taxしてきたよ!

子育て資産運用

さて2月に入りました。

2月といえば、そう確定申告の時期ですね。

令和元年 確定申告

所得税 国税庁のHP

今年の確定申告の期間は令和2年2月17日(月)から同年3月16日(月)まで。

昔は給与の年間収入金額が2,000万円を超える人や事業者の人が行くのが確定申告でした。

しかしながらいまではサラリーマンも確定申告する時代。

ふるさと納税とか流行ってます。

そんな人達におすすめなのがさっさと確定申告すること。

私も含め多くのサラリーマンがすでに申告できるんですよ。

理由は以下の通りです。

還付申告ならすぐに提出可能

還付申告という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

還付申告なら2020年1月から提出が可能になります。

要は所得税を納め過ぎている人ですね。

事業者が行う青色申告などとは違い、ほとんどのサラリーマンは還付申告のみです。

週末は色々やること多い子育て世代。

早めのアクションがいいでしょう。

私の場合、忙しい1月が終了したので2月1日に申告を済ませました。

e-tax

早速上記の国税庁のHPから申告します。

e-taxは本当に便利。

一度使ってしまうとその快適さはクレジットカードやETCに匹敵します。

e-taxの場合、今年のデータを来年にも引き継げます。

めんどくさい住所や電話番号を何度も書いたりしてますよね?

マイナンバーを入力するために引き出しからカードを探したりする手間も省けますよ。

振込先も去年と同じ銀行を選べばあっという間に完成です。

所得税の確定申告

昨年の分ですが、諸事情により年末調整ができずw。

収入から社会保険料やらイデコなど全て確定申告で申請します。

私の場合、ふるさと納税や住宅ローン、それに外国税控除などがあるため赤枠を選択。

あとは慣れたものでポチポチ。

ついでに嫁の分もポチりました。

嫁さんも今年からe-taxにしたのです。

還付金

さて、入力完了です!

還付金額は約24万円となりました。

大きいですよねぇ。。。。

pdfファイルを保存し、データも保存しておきましょう。

送信結果

さて、送信が完了しました。

あとは必要書類プリントし、証明証を貼り付けて郵送するだけです。

 

とっても快適です。

ビエント行くのも大変ですからね。

まとめ

とりあえず申告が終わってホッとしています。

皆さんにもe-taxオススメですよ。

ではでは。

確定申告2019 高崎税務署にe-Taxを申し込んできた!
さて表題の件。 2019年1月もサクッと終わります。 2月になると確定申告が始まりますね。 去年までは書類をビエント高崎まで持って行ったのですが、あれが結構めんどい。 なので今年からはe-Taxします。早速税...

 

コメント