イベント告知!高崎市ともっとつながりたい

2020年1月はmimi専科さんを紹介します

かくに家 2019年11月にオープンした豚の角煮専門店 田町

開店・閉店情報

もう一つ田町ネタを。

現在マンションが建設中の交差点からほんの少し歩いたところ。

もともとココイチがあった場所に豚の角煮専門店ができたんですよね。

「かくに家」というお店です。

オープンは2019年11月とか。

遅ればせながら行ってきました。

感想としては、一杯飲みながら角煮が食べられるお店です。

ふらっと寄れるので、ひとりでも全然OK!

サラリーマンにおすすめですよ。

かくに家 田町店

さて、入り口まできました。

紅の豚の帽子を取ったようなかわいいアイコンがお出迎えしてくれます。

ちなみに初たまごを無料サービス中とか。

若鶏が初めて産んだピチピチ新鮮卵のことをいうようです。

営業時間は?

場所:高崎市田町75 (ココイチ跡地)

営業時間11:30~15:00、17:00〜22:00(L.O.21:00)

どこかのチェーン店?と調べてみましたがそうではないようです。

伊勢崎市にあるレストラン経営会社の「魚や大水」さんが運営しているとのこと。

レイアウト

ひとりであることを告げるとカウンターへ。

もともとがココイチのお店。

基本的な作りは変わっていません。

カウンターとテーブル席のみ。

チェーン店っぽい作りなので一人で入っても違和感なし。

カウンターには山椒、からし、七味とうがらし。

どれも豚の角煮には欠かせない調味料。

さらにはたくさんのお新香。

これも角煮に合いますね。

さらにうれしいのが無料Wi-fi。

ゆっくりとくつろぐことができます。

メニュー

メインの角煮は3種類のラインナップ。

単品かライス・味噌汁付きで注文できます。

進化の極み

一つ目は進化の極み。豚肉を塩でマリネしています。玉ねぎとニンニクが美味しそう。

ソースが3種類から選べます。

旨味の極み

旨味の極みは熊本の天草にある宝牧豚を使ったもの。

骨までトロトロだそうです。

王道の極み

そして最後は王道の極み。

少しお値段高くなりますが上州麦豚のバラ肉を使ったまさに王道の一品。

アルコール

アルコール類はビール680円、レモンサワーが380円、日本酒は1合700円。

とりあえず店員さんにオススメを聞くと、

「進化の極み+洋風照焼ソース」

だったのでそちらを注文しました。(単品:750円)

瓶ビール(680円)と一緒に食べます。

実食

提供までの時間は3分ほど。早い!

とってもおしゃれな赤皿に盛られて角煮ちゃんがやってきました。

まずは手前にある大根から。

箸でスルッと切れるのは想定内。

味も染み込んでいて美味しい。

角煮の上にのっかっているのはニンニクの効いた照焼ソース。

甘辛くてうまいです。ビール進みます。

お肉はこれでもか!っていうくらいホロホロ。

口の中でとろけるレベル。

そして最近よく見るようになったブロッコリーの小さいやつ。

ロマネスコというようです。

イタリア発の新野菜とか。

味はブロッコリーとかカリフラワーとかあんな感じです。

食安めにいいですね。

ビールを煽りながらチビチビ。

途中で味を変えるためにカラシをつけます。

10分ほどで完食。

ごちそうさまでした。

まとめ

しめて瓶ビールと角煮で1,500円くらいでした。

豚の角煮を食べたいけど居酒屋までいく必要ないな〜と思う方にはぴったり。

お通し代も取られませんので。

そのほか100円で食べられるおつまみもあります。

ふらっと寄ってサクッと飲むことができます。

かくに家さん、今後も期待しております。

それでは。

高崎市の耳より情報を教えてもらえると記事に役立ちます