イベント告知!高崎市ともっとつながりたい

2019年12月はAya Design Officeさんを紹介します

上信電鉄で佐野のわたし駅まで行ってきた件

どローカル

最近のニュース。

なんと上信電鉄に無料Wi-Fiが搭載されたとのこと。

子供達もどこか連れて行けというので、先週は3人連れて上信電鉄に乗ってきました。

子連れでのんびり遊びたいという場合には電車もありです。

上信電鉄で佐野のわたし駅まで行ってきた

群馬の玄関口こと高崎駅。

たくさんの路線があります。

問題は子供を連れてどの路線に乗るかということですが、アクセスが良いのは上信電鉄。

階段も少なくそのままホームから乗ることができます。

JRよりかなり空いているので(失礼)、ホームで子供達が他人にぶつかることもないでしょう。

サイズ感が子供にぴったりです。

上信電鉄って?

そういえば、皆さんは上信電鉄をご存知でしょうか?

高崎と下仁田をつなぐかなりローカルな電車です。

上信電鉄のホームページ

創業はなんと明治28年。

鉄道の他にバスやタクシー事業もしています。

上信タクシーとかよく走ってますよね。

停車駅からは富岡製糸場や上毛三碑など世界遺産登録された場所にも行けます。

気になる方は下記リンク参照ください。

お出かけガイド

時刻表

どの時間帯も電車は1時間に1本から2本。

この辺りは注意が必要です。

さて、どこまで行きましょう?

3人引き連れているので、あんまり遠くに行きたくありません。

高崎からふた駅先の佐野のわたし駅まで行くことにしました。

最近できた駅ですね。

運賃

わたしは大人料金ですが、小学生の息子は半額、下の二人は大人と同乗なので無料です。

この辺のルールはJRと同じようです。

往復600円くらいで済みました。

それでは行ってきます。

佐野のわたし駅

鈍行に揺られてすぐに到着〜

出入り口のアーチの上には船頭さんがいます。

ちなみにWi-Fiが搭載された電車ではありませんでしたw

まあ子供の面倒を見ていてスマホを開ける暇はありませんでしたが。

出入り口からホームまでのアクセスは5mくらい。

歩きスマホしてたらホームに落っこちそうな距離です。

これは注意。

上信電鉄ルール

私も知らなかったのですが上信電鉄には乗り降りのルールがあります

乗る時も降りる時も1番前で降りなければいけません。

他の車両のドアは開きません。

さらに運賃も降りる際に清算になります。

無人駅も多い上信電鉄。

バスのように乗車時に整理券発行機で整理券をもらうことになります。

さて、それでは高崎駅方面の時間を確認して散歩しましょう。

佐野のわたし駅周辺散策

駅のホームから下仁田方面の風景。

昔はもちろん橋がなかったのでしょう。

昔は渡船場があり、人や牛馬、荷車を運んでいたとのこと。

子供に昔の地理や歴史を教えるのにはぴったりな駅ですね。

駅には多目的トイレもあり小さな子供づれでも安心です。

駅から離れて周辺を散歩してみましたが何もないw

ちょっと歩いたところに歌碑発見。

佐野の船橋は万葉集にも載った由緒正しき場所とのこと。

現在の元号「令和」も万葉集からとった言葉。

高崎とのちょっとしたつながりを発見したところで子育てタイム終了です。

まとめ

さてそれでは帰ります。

ちなみに上信電鉄では定期的にイベントを行っています。

11月のボジョレーヌーボーは満員御礼だったとか。

クリスマスも家族づれが楽しめるイベントがあるようです。

たまにはローカル線ぶらり旅をしてみましょう。

ではでは。

高崎市の耳より情報を教えてもらえると記事に役立ちます