イベント告知!高崎市ともっとつながりたい

2019年11月はコウモリの羽さんを紹介します

高崎えびす講 2019も開催

Advertisements
イベント

高崎市の11月の風物詩であるえびす講。

2019年は11月16日(土)と11月17日(日)に開催します。

えびす講高崎市のHP

早速行ってきたのでご覧ください。

2019年えびす講

さて、今回も慈光通りから入ります。

もう5年くらいえびす講には行ってますので、だんだんと勝手がわかってきました

えびす講の魅力 ライブ

やっぱりえびす講の魅力といえばストリートを貸し切ったライブ。

今回は高崎音町プロジェクトとしてタケオ・リアル&タカサキシティバンドの演奏からスタート。

タケオ・リアル&タカサキシティバンド公式

子供向けにはサイエンスのお姉さん。

五十嵐美樹さんです。

ぜんじろうさんの女性バージョンのような雰囲気で化学実験を楽しそうに披露してくれます。

リンク先のツイッターの情報によると、全国各地で科学実験教室やサイエンスショーを開催しているとのこと。

学歴は東大大学院修士課程。あれまだもしかして学生?それにしてもすごいですね。

*サイエンスショーは16日のみとのことでした。

悪しからず。

ちなみに慈光通りの頭上には23日から開催されるイルミネーションの準備が進んでいました。

今回の名物は慈光通りに橋がかかるということ。

こいつだろうな〜と思いながら1枚写真を撮ります。

えびす講の魅力 食べ歩き

それにやっぱり食べ物。

歩行者天国にたくさんの屋台が出ています。

近くの飲食店だったり、遠方から来たのか不明なとこまで多数です。

BACIさんは高崎のお店。

からあげ(300円)を購入。

「ひっぱりだこ」というたこ焼きやさん。

大きなたこ焼き(500円)

家族でいただきます。

熱々ホカホカなたこ焼き。

えびす講ではいろんなところにテーブルと椅子を用意してくれています。

結構な割合で座ることができるので便利ですね。

そして王道の焼きまんじゅう。

えびす講魅力 のみの市

あとは何と言っても青空マルシェ。

お弁当もたくさん。

もてなし広場

さらにパワーアップした?もてなし広場にもたくさんのテント。

ここでは高崎名物のオランダコロッケが。

よく見たら近所の精肉店のオヤジが揚げてくれていました。

別情報によると、高崎の飲食店協会でタッグを組んで今回オランダコロッケのブースを作っているようです。

チーズ入りのオランダ風コロッケ。1個200円。

試しに食べてみるのも悪くないでしょう。

多分、各店舗ではもう少し安かった気が。気に入ったらリピートしましょう。

イチョウの匂いもゆっくりと味わえるようになった年齢。

それでは帰ります。

皆さんも楽しんでいってくださいね。

2018年えびす講

さて、ここからは去年の記事。↓↓↓↓↓↓↓↓

先週末は高崎駅中心街が歩行者天国になる高崎えびす講に行ってきました。

毎年11月に2日間、開催されます。

我が家も土日のどちらかには参加しています。

高崎市街地の活気が最高潮になる高崎えびす講。

90年の歴史があるとか。これは子供を連れていかなくては!

参考:えびす講の歴史

結果、子供達も大満足。散歩もできて最高でした。

写真をいくつか撮ったのでレポートしますよ!

高崎えびす講

高崎えびす講2018 ルート

歩いたルートは、慈光通り→大手前通り→さやモール→中央銀座→田町に戻る

と行った感じです。

これらの通りはえびす講時、どこもかしこもえびす様ののぼりやポスターがたくさんありますね。

慈光通り

交通規制がしかれ、慈光通りは車が通れません。

歩行者天国なんて高崎ではそうそうないこと。

やっぱり子供がいると、街中は車が気になります。食べ歩きにはもってこいです。

慈光通りにはたくさんの野菜と花が売られてました。ヨーロッパの市場みたいですね。

はるばる北陸からの物産フェアも。新幹線がつながって距離がぐんと縮まりましたからね。

上越から来た国産ワイン。岩の原葡萄園さんのワインです。

試飲できるのですが、嫁から「酒飲むな」と言われているため自制。

美味しそうでしたよ。

今や日本ワインの質はとってもいいですからねぇ・・・飲みたい。

その他、屋台もたくさん。美味しい料理がホカホカでいただけます。

今回、とってもうれしかったのが通りに置かれたテーブル。

子連れにはやっぱり食べ歩きはつらい。

まだ混まない11時頃から一つテーブルを借りて子供に早めのお昼ご飯を食べさせました。

これが大正解!12時をすぎると人の群で慈光通りは年末のアメ横状態。

路肩に座って食べる家族続出でしたね。

高崎名物焼きまんじゅう。1本200円。

焼きたてがそのまま味わえます。2本購入しました。

ペロリと平らげる子供3人。

ママはパスタ。

キングオプパスタで3位になったというCAROさんのメニューをいただきます。

白菜と下仁田ネギを西京味噌で味付けしたパスタです。

これが作りたてでマジうまい!

黄色いレモン?のさっぱりとした酸味がアクセントでいい仕事してます。

キングオブパスタはあまりの混雑に並べませんでしたが、ここで食べれてよかった。。。

我がブログの定番。

ごちそうさまでした!

カーロ ランチ 900円でパン・サラダ・ドリンクがつくお得なセット
群馬県民の日である10月28日にこちらにお邪魔。 カーロ CARO この日は長男が小学校休み。 たまには3人でということでランチしてきました。 最近、ちまたのフェスで見かけることが多いカーロさん。 移動式カフェ...

名物 ロボ

それからえびす講名物のロボ。

これ、乗って操縦できるんですよw

Sakakibara とプリントされたロボが全部で5体ありました。

榛東村にある榊原機械という企業が作成したものとか。

整理券がないと乗れないくらい人気です。

写真はまだ待機中。

午後3時くらいがいちばんのピークで、順番待ちしているたくさんの子供であふれてました。

大手前通り

大手前通りで繰り広げられているのは熱血販売甲子園。

毎年、高校生の元気な声が鳴り響きます。

当日はとってもいい天気。風もなくて陽が当たると暑いくらいでした。

高崎えびす講

子供達は午後から行われたダンスを見て大興奮。

ZEROSENというウニクス高崎の近くにあるダンス教室が主催しているようです。

ダンスの最後にメンバーで温泉のダンスを踊っていました。

もしかしてZEROSENとは「零戦」じゃなくて温泉の何かなのでしょうか?

さやもーる

さやもーるはレンガ通りから続いているせいか、道がガタガタ。

ちょとベビーカーだとつらい。。。

写真では撮れませんでしたが、中央ぎんざ方面からお神輿がやって来ました。

美保神社から出て来たお神輿でしょう。

とっても活気がありました。

中央ぎんざ

最近、アーケードがきれいになった中央ぎんざ。

入り口の脇にはたかさき雷舞と呼ばれる高崎発祥の踊りを踊るグループあり。

ドンドコ威勢の良い掛け声で激しいダンスを踊ります。

商店街には赤いのぼりが出てお客さんをお出迎え。

みんなでえびす講を盛り上げてます。

なんともノスタルジックな商店街。映画の撮影でちょくちょく使われているんですけどね。

もう少し人が流れてくるといいですねぇ。

往 田町通り

さて、折り返して田町通りに出ます。

高崎が誇るファッションセンター。本店タカハシ

なんとHPあり!さらにFacebookやTwitterも備えてますw

すげぇ。早速フォローさせていただきます。

(と思ったらツイアカが凍結されてました。理由はわかりません)

こちらにもオリジナルと思われる高崎えびす講のポスターが貼られていました。

本店タカハシ 子供服を探しに行ってきた!
こんにちは。 このブログを始めてからというもの、たくさんの市内の場所を訪れました。 それでもここまだ行ったことないな!と気になる存在があるのです。 そのうちの一つが今回の記事である本店タカハシさんです。 創業はなんと...

浪花屋

そのまま交差点にさしかかります。

小腹が減ったのでたい焼きでも食べる?って感じでこのお店へ。

浪花屋さんです。たこ焼きとたい焼きを打っているお店。

たこ焼きについては関西風とは程遠い、高崎風の味が楽しめるとか。

たい焼き(150円)

割ってみるとこんな感じ。しっとりとしたたい焼きです。

焼きたてでウマ〜でした。

それでは家路につきます。

恵比寿コウさん?

こちらは田町通りにあるお豆やさん。

こちらでもえびす様のポスターがあります。

やっぱり90年の歴史を誇る高崎えびす講。

地元に根付いた立派なイベントですね。

帰り道の慈光通り。

色々なえびす様を見ましたが、このゆるキャラが一番でしたね。

遠目から見ると、ドラゴンボールのチャ○ズみたいでしたがw

名前は恵比寿コウさんだそうです。

いやいや、こいつは多分根付かんだろw(失礼)

高崎えびす講2018 まとめ

恵比寿コウさんに家族全員と写真を撮ってもらいました。

来年の年賀状に使いますw

楽しめました。えびす講最高でした!

高崎市の耳より情報を教えてもらえると記事に役立ちます