Advertisements

保育園 無償化 全額タダではなかった!

子育て資産運用

こんにちは。

今回は2019年の10月から始まる3歳児以降の幼児教育・保育無償化について。

すでにご存知の方も多いと思いますが、全額タダじゃないんかい!というお話です。

幼児教育無償化 食事代はかかる

我が長女が通う保育園からもチラシをもらいました。

要するに、小学校みたいに食事代は負担しましょうね〜ということです。

小学校で給食費を別途支払わなければならないのは自明の理。

幼児教育にもそれを当てはめるということですね。

食事代 副食費と主食費

ただ、少しややこしいのが食事代は主食費と副食費で成り立っています。

これは分けて考えることが必要です。

内閣府の資料があったので、参照させていただきます。

副食費

副食費とは給食のおかず。それからおやつなど。飲み物も含みます。

副食費については実費。

どの自治体でも大体4,500円だそうです。

ただ年収が360万円以下、もしくは第3子の場合は払わなくて良いとのこと。

主食費

主食人はごはんのこと。

国の制度上、主食費は3,000円と設定されているようです。

これで合点がいきました。

保育園では3歳児からご飯を持ってくることが必要でした。

なぜなの?と思っていましたが、要するにご飯代が保育費に入っていないからですね。

2019年10月以降は主食費も払うことで、ご飯を保育園に持っていかなくても良くなります。

どっちが楽ですかね?

滞納?問題点

先の内閣府の資料での指摘。

今回の変更点で問題になりそうなのが、

「きちんと支払われるか?」

とのこと。

保育園で食事代の徴収をするのはとっても大変そうです。

保護者と園で揉めたりすると、支払いをあえてしない保護者もいるかもしれないとのこと。

我が長女の通う園では今後、園で発生する全ての費用は口座引き落としになりそうです。

これは願ったりかなったり。

わざわざ小銭をくずすために、コンビニでジュース買ったりしなくて済みそうです。

皆様の保育園ではいかがでしょうか?

まとめ

今回の幼児教育無償化でもっと保育園関連のわずらわしさが解消されればいいですね。

どちらにしても、保育園がなければ我々は生きてはいけません。

次女まで考えるとあと4年はお世話になる保育園。

今後もよろしくお願いします!

わかりやすいページを発見したのでリンクつけときます。

 



 

高崎市の耳より情報を教えてもらえると記事に役立ちます