イベント告知!高崎市ともっとつながりたい

2019年12月はAya Design Officeさんを紹介します

フリークストーリー モルトウイスキーとアヒージョ

洋食

こんばんは。

本日はおしゃれなバーでありながら料理もおいしいこちらのお店を紹介します。

フリークストーリー

フリークストーリーは高崎駅西口から徒歩5分程度。

高崎市美術館を鶴見町方面に向かい、セブンイレブンの手前にあります。

隣にはとり鶴さんという焼き鳥やさんも営業されてます。

フリークストーリーさんは本格的なお酒が飲めるバーでありながら、料理も絶品。

いったことない人には是非一度訪れて欲しいお店。

営業時間は?

場所:高崎市鶴見町5

営業時間:18:00-25:00 (火から金)

18:00-25:30 (土)、18:00-24:00(日・祝日) *月曜定休日

レイアウト

奥行きのある店内。

カウンター席が10席程度、テーブル席が4席くらいあります。

フリークストーリーはバーということで、ウイスキーやらワインやらたくさん並べてあります。

実は私はウイスキーが大好物。

年間うん10リットル消費していると思います。

質の高いウイスキーを手ごろに飲めてしまうのがフリークストーリー。

カウンター天井に吊るされたグラスがなんともおしゃれな感じ。

その奥にはおすすめメニューとテレビが。

ひとりで行っても退屈しません。

メニュー

ホワイトボードに書かれたメニューはこちら。

イベリコ豚入りソーセージは1,000円。

タラとエビとキノコのアヒージョは1,100円。

イカとトマトクリームフィットチーネが1,100円です。

フリークストーリーはパスタが絶品。

某キングオブパスタに出店したら絶対にNo,1であろうという意見も多いとかw

パスタについてはペペロンチーノが950円から。

ゴルゴンゾーラのカルボナーラが1,200円です。

この日は軽く夕飯を済ませて入店したため、おつまみのみ注文。

タラとエビとキノコのアヒージョ(1,100円)とラガヴーリン16年ショット(1,700円)を注文です。

実食

私の大好きなウイスキーの一つであるラガヴーリン16年。

そのピート臭は一度ハマってしまったら、もう元には戻れない味。

すでにジャパニーズウイスキーの超熟モノは手に届かない値段になってしまった昨今。

けれどスコッチは安定した値段です。

アマゾンだと1ボトル7,000円くらいで購入できます。

もちろんストレートで。

やっぱり最高なのはフィニッシュ。

とっても香り高いピート臭が鼻を突き抜けます。

それにドライな口当たり。

ウメェ。

タラとエビとキノコのアヒージョはとっても盛りだくさん。

並々と盛られたオリーブオイル。

エビやタラのエキスがオイルににじみ込んでます。

バケットにつけて食べるとウマー。

たまらずチェイサーでビール(600円)を注文。

ウイスキーにビールのチェイサー。

タモリがよくやっているという話を聞いてマネしている私。

芸能界でもウイスキーは流行ってるんですよね。

どんなビンテージが飲めるのか?正直羨ましい。

あとはひたすらアヒージョを食べながらウイスキーとビールを流し込むだけ。

ごちそうさまでした。

まとめ

2019年のお盆もあっという間に過ぎて行きました。

それでは日常に帰ります。

フリークストーリー、おすすめしておきます。

それでは。

子連れで行けるお店ランク なし(☆☆☆が最高)

ー評価ポイントー

・喫煙可能
・バーなので大人同士で楽しみましょう。

 

高崎市の耳より情報を教えてもらえると記事に役立ちます