こどもの日 シャボン玉スティック

子育てグッズ
Advertisements

こんにちは。

本日は5月5日。もうGWも残りわずかですねw

毎年なんだか短くなってない?

って感想はさておき今日はこどもの日

我が家ではまだ小さい子がいるのでシャボン玉でよく遊んでます。

やっぱり子供受けするんですよね。シャボン玉。

シャボンを割ろうとワイワイ走り回る子供をみているのが楽しいのです。

昔から比べるとかなりグッズが進化しているので知らない人のために紹介します。

Advertisements

シャボン玉スティック

昔からあるやつってこんな感じのピンクの容器ですよね。

これでも十分楽しめるのですが、最近の進化したやつはとってもすごい。

こんな感じでスティック状になってます。

さながら魔法のステッキ。

ひとつ100円から200円くらいでスーパーなどに売ってます。

大体、対象年齢は6歳から。

その理由は使ってみるとわかります。

実演 シャボン玉スティック

さて、それでは今年5歳になる長女に実演してもらいましょう。

しっかりものの彼女なのできちんとシャボン玉を作ってくれると思います。

ピンク柄の方を選びました。やっぱり女の子はピンクですね。

まず、シャボン玉の液体をスティックの先端から奥までゴシゴシつけます。

こぼさないように慎重につけます。

逆さまにしてしまうと原液が全て地面に。覆水盆に帰らず状態です。

そしたら引っこ抜いて、大きめの円を描くようにゆっくり振ります。

柔らかめの樹脂で作られたスティックにより、シャボン玉が10個以上一度に作れます。

よくできました!

注意点

このスティック、口で吹くものよりは大量に素早くシャボン玉ができます。

しかし、目に入ったりする恐れがあるので小さい子は注意ですね。

なので対象が6歳以上なのでしょう。

遊ぶ際は、すぐに目が洗えるような洗面所が近くにあるのが望ましいです。

詰め替え必須

さらにスティック状になっているので、小さな子供はすぐにこぼしちゃいます。

我が家ではシャボン液の詰め替えを持ってます。

こちらトモダのスーパーシャボン液。

そのパワーは当社比で2.5倍!

よく意味がわかりませんが、(失礼)

なんだかすごそうなので買ってストックしてあります。

なぜかといえば、いつも子供達は物足りない様子。

シャボン玉を使い切るまでず〜っとシャボン玉作りしています。

すぐになくなっちゃうとかわいそうですからね。

どうせ遊ぶなら詰め替えを用意しておくといいですよ。そこまで高くありません。

まとめ

こどもの日を過ぎれば、もう連休も終了。

また仕事モードに切り替えて頑張りましょう。夏まで長いけどね!

それでは!

高崎市の耳より情報を教えてもらえると記事に役立ちます