まずはここからお読みください!

高崎のランチ地元民が選ぶお店 20選予算別

小学生の子供があごを強打!どのお医者さんに行く?

子どもの病気
Advertisements

子供の怪我って本当に心配ですよね。

今回は子供が学校で怪我をしたので、病院に連れて行った話をさせていただきます。

やっぱり子供の怪我について、最低限の知識があったほうがいいなぁという話です。

小学生にもなると、結構な数で怪我をして帰ってきます。

Advertisements

小学生の子供があごを強打!

ちょっと前のことなんですが、仕事休みの平日の昼間。

私の携帯電話に小学校から電話あり。

とっても嫌な予感。

なんだ?と思って出ると、

「長男くんがお友達とふざけてあごを強打した。腫れがひどい」

との連絡でした。

「すぐに病院に連れてって欲しい」

とのことだったので学校にかけつけて子供をピックします。

仕事中の嫁にも一報を入れます。

あごの強打 整形外科?

子供の症状を確認すると、あごとこめかみのあたり(顎関節というそうです)が真っ赤に腫れてます。

長男いわく、

「痛くて口が開けられない」

とのこと。こりゃ大変。

さて、それでは病院にレッツゴー!

けれど、どこ行けばいいんだ?

多分、整形外科だろうと思い近所の整形外科を訪問。

受付で症状を話すと、

「この症状なら口腔外科に行って下さい」

と告げられました。整形外科では受診できないそうです。

口腔外科?はて?

恥ずかしながら私は生まれてから1回も口腔外科にかかったことがありません。(多分)

なにそれ?状態でした。

顎関節 がくかんせつ 口腔外科

「口腔外科ってどこにあるんでしょうか?」

と受付の人に聞くと親切に教えてくれました。

スマホで調べると車で5分くらい。

長男を連れて再度訪問です。

ラッキーなことに、ほとんど待ち時間なく受診してもらいました。

症状は軽そうですが、一応レントゲンを撮るとのこと。

骨に異常がないことを確認してもらい、一安心です。

あとは安静にして1週間後にまた来てねと言われました。

よかったよかった。

口腔外科 範囲

さてここで口腔外科とは?のおさらいです。

口腔外科相談室さんのサイトより引用させていただきます。

 

口腔(こうくう:口のなか)、顎(がく:あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。

この領域には歯が原因となるものから癌までさまざまな疾患が発生します。また交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患などの外科的疾患のほかにも、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。

(太字は筆者加筆)

小学生の場合、スポーツや友達とちょっとした衝突で怪我することが多いのですね。

その場合、あごなら口腔外科ですね。

じゃあ整形外科は?

整形外科の場合は、大まかにいって首から下とのことです。

いわゆる、「四肢」といわれる箇所を怪我したら整形外科に行って下さい。

私の経験上、怪我というと腕とか足が大半でその度に整形外科に行ってました。

なので今回もあごの怪我は整形外科と思ってしまったわけです。

みなさんは知ってました?

まとめ

今回の長男の怪我で理解したこと。

  • 整形外科と口腔外科の違い
  • 口腔外科の病院を把握しておく。

以上となります。

何かの参考になれば幸いです。

高崎市の耳より情報を教えてもらえると記事に役立ちます