日英堂 連雀町 スタイリッシュな老舗のパン屋

高崎のカフェ
Advertisements

子供の春休みは連雀町にある子育てなんでもセンターにお出かけ。

その後、近くにある日英堂さんにお邪魔しました。

子供に安心・安全なパンを食べてもらいたいとのパン屋さん。

 

1800年代から続く超老舗なんですね。

1902年の日英同盟にちなんで日英堂という名前になったそうです。

歴史がありますね!

上記リンクによれば、昨年に改装してとってもスタイリッシュになったとか。

初来店です。お邪魔します。

Advertisements

日英堂 営業時間は?

場所:高崎市連雀町29

営業時間:8:00ー18:30 日曜祝日休み

キッズスペースとオムツ替シートを完備しているというお店。

とっても子供ウェルカムじゃないですか。

日英堂 駐車場は?

場所は連雀町。高崎市の中心街なので駐車場が心配です。

すぐ奥にある高崎シティーパークが利用できます。

1000円以上の買い物で1枚チケットが出るとのこと。

1枚でどのくらい停車できるのでしょう?30分くらい?

(すいません確認しませんでした)

日英堂 レイアウト

入り口の扉を開けるととってもモダンな雰囲気。

連雀町にありながら、とっても広々としたスペース。

これなら子供がいても少し安心ですな。

店内はブラウンのテーブル・イス・床を基調として緑の観葉植物が多数。

日英堂はパンの他にコーヒーや紅茶も提供するカフェ。

ゆっくり利用することができますね。

パンの種類

パンは店内のテーブルとスチールラックに並べられています。

値段はとってもリーズナブル。

ほどんどのパンがビニールに巻かれています。

これ何気に子連れに嬉しいんですよね。

むき出しのパンだと、子供が触ったりしないか不安で買い物がわずらわしいのです。

 

壁際のスチールラックにも商品多数。

ブラウン色のおしゃれなスチールラックです。

その他サンドイッチは別の冷蔵エリアに。

50−60種類くらいのパンがあるでしょうか?

その他カウンターでオーダーすることもできます。

ホカホカのパンを食べたいならセットメニューがお得か?

日英堂 キッズスペース

さて、日英堂さんといえば道路側にあるキッズスペースですね。

子供が2−3人遊べそうなスペースがあります。

おもちゃや絵本、それにぬいぐるみもあり。

買い物中はここで子供を遊ばせておけば良いのです。

まとめ

当日は長男を除く家族4人で来店。

テーブル席でパンとコーヒーをいただきました。

子供は途中からキッズスペースで遊んでいたのでゆっくり味わうことができましたよ。

トイレもとっても綺麗なので安心ですね。

入り口正面の壁には荒々しい波の絵画が。

日英同盟なのでそのつながりで日本海でしょうか?

ごちそうさまでした。

ちなみに土曜日にはプレミアム食パンも数量限定で販売しているそうです。

はちみつを使っているため1歳児未満の子供は食べられないとの記載あり。

子育て世代の常識ではありますが、理解していない人も多いですからね。

はちみつは危ないので注意しましょう。

子供への配慮がたくさん感じられた日英堂さんでした。

こちらでパンを購入し、子育てなんでもセンターで遊ばせ、館内の飲食スペースでパンを食べるのもいいですね。

フクシマパパは日英堂さんを応援しています。

高崎市子育てなんでもセンター 街中での休憩に便利!
えびす講の帰りに高崎市の子育てなんでもセンターに立ち寄りました。 結構な時間、歩いたので休憩です。 場所は街中の田町にあります。 駅周辺で遊ぶ場合、基本徒歩ですよね? 子育て何でもセンターは休憩に使え...

高崎市の耳より情報を教えてもらえると記事に役立ちます