Advertisements

くらぶちこども天文台 さっそくいってみた!3月16日オープン!

高崎の子育て

さて本日2019年3月16日はくらぶちこども天文台がオープンする日。

日中はずっと家にいた我が子2人。

夕方に車に乗せて行ってきました。

実際に行ってみるといろいろな事が分かったのでシェアしますよ!

くらぶちこども天文台 いってきた

行きは渋滞多め

場所:高崎市倉渕町水沼2930番

 

車に乗せて406号を走るのですが時間は夜の7時。

片側一車線しかない道路は結構な混みようです。

やっぱり1時間以上、かかりました。

試しにNavitimeで高崎駅西口から計算したところ所要時間は40分。

いやいや、40分じゃ着きませんね。

406号がやっぱり混むので時間に余裕を持って出発しましょう。

途中の道が結構怖い

怒られるかもしれませんので、はじめに謝っときます。すいませんw

途中、トンネルやライトのない雑木林の道を暗闇の中走ります。

我が子たちはかなりビビってました。(かく言う私も)

土地勘のない私だったのでナビに場所を入れておいて正解でした。

ナビ無しだと、かなり不安になると思います。

倉渕水沼公園行きの看板が見つかればあと少しです。

無関係だとは思いますが、真っ暗の中に迂回の看板とかあると不安ですよね。

とりあえずナビに入れましょう。

到着地は真っ暗!

やっとついた〜と思ったら入り口はこんな感じ。↑↑↑

真っ暗です。何もかも見えません。

天文台という事で仕方ありませんね。

新品の看板が設置されていますが、真っ暗なのでよくわからないかもしれません。

注意しましょう。

あと、やっぱ倉渕は寒いです。標高が違うのでしょう。

厚着して来てください。

くらぶちこども天文台 望遠鏡ルーム レイアウト

天体観測ドームには30cm反射式望遠鏡

大きな天体観測用のドームがあります。

そこに入っているのは、あの三鷹光器製30cm反射式望遠鏡。

ここから夜空を眺めます。

本日は月にピントを合わせてもらっていたようなのですが、天候の関係でよくみられませんでした。

屋外に移動式望遠鏡

代わりにドームを出て外にある移動式望遠鏡をのぞかせてもらいました。

移動式望遠鏡は5台あります。

それぞれ向けている方角が違うのでいろんな星を観察する事ができます。

来た甲斐がありました。

長男は久しぶりの望遠鏡にワクワク。

ボランティアの方から説明を聞いてウンウンうなづいてました。

メインサイトにある写真でイメージください。

かなり冷え込んでいたので10分足らずの滞在で帰宅しました。

駐車場は?

真っ暗な駐車場ですがかなり広く100台くらい置ける感じです。

天文台のすぐ目の前の砂利地に車を置けるので、子連れには助かりますね。

この日はオープン日ともあってたくさんのボランティアの方がいらっしゃいました。

パンフレットをもらったので、まだ行けそうにない人用に写真撮っておきます。

開館時間や休館日のお知らせあり。

開催情報はフェイスブックの公式ページからゲットしてください。

天候の悪い時は中止になる可能性もありますので事前確認は必須でしょう。

くらぶちこども天文台 まとめ

いや〜ちょっとの間でしたが楽しめました。

これから暖かくなってくるととっても人気が出そうな感じではありますね。

夏の天の川を見ながら子供と星座について語り合うなんていいんじゃないでしょうか?

しかしながら我が子たちは花より団子。

「アイスが食べたい!」

と言ったのでしょうがなしに途中のローソン(元セーブオン?)に寄って帰ります。

都心のローソンでは絶対ないようなお知らせが貼ってありました。

渓流魚解禁!とのことです。

朝は渓流釣りをして、夜は天体観測なんていいんじゃないでしょうか?

こういう地元のコンビニこそ愛さなくては行けませんねw

フクシマパパはくらぶちこども天文台を応援しています。

それでは!

くらぶちこども天文台 オープン! 子供と宇宙を見に行こう
2019年3月1日付の広報高崎。 くらぶちこども天文台が3月16日にオープンするとのこと。 本日のラジオ高崎でも放送されていました。 今回はこの記事を書かせていただきます。 くらぶちこども天文台 場所は? 場所...

高崎市の耳より情報を教えてもらえると記事に役立ちます