イベント告知!高崎市ともっとつながりたい

2019年11月はコウモリの羽さんを紹介します

くらぶちこども天文台 オープン! 子供と宇宙を見に行こう

Advertisements
くらぶちこども天文台 高崎の子育て

2019年3月1日付の広報高崎。

くらぶちこども天文台が3月16日にオープンするとのこと。

本日のラジオ高崎でも放送されていました。

今回はこの記事を書かせていただきます。

くらぶちこども天文台

くらぶちこども天文台 場所は?

場所は倉渕水沼公園の一角。

くらぶちこども天文台

 

群馬の天文台といえば県立のぐんま天文台が有名ですが、高崎からだと結構遠いですからね。

くらぶちこども天文台は市街地からも車で1時間で行けるそうです。

ラジオ高崎に出演されていた広報の方?によると、それでも場所は結構な山奥のようです。

気温も街中とは全然違うらしく、3月でも氷点下。

上着を追加で1枚持って出かけた方がいいでしょう。

高崎前橋経済新聞に天文台の写真が載っていましたのでリンクしておきます。

くらぶちこども天文台 開館時間は?

くらぶちこども天文台

開館時間は午後の7時から9時半まで。

当たり前ですが、天体観測なので夜です。

休館日は月曜・火曜。

混むのは週末でしょうか?

春休みには子供達であふれかえる光景が目に浮かびます。

もちろん無料です。やったね!

くらぶちこども天文台 なにが見えるの?

くらぶちこども天文台

さて、肝心のテーマですね。

天文台にはメインの30センチ反射式天体望遠鏡の他に複数の望遠鏡があります。

くらぶち地域では1年を通して様々な星が観測できます。

当たり前ですが、シーズンによって見られる星は違いますよね。

子供達にはたまらない経験でしょう。

いやパパ達も興奮するでしょうかw

くらぶちこども天文台 望遠鏡を移設

そもそも30センチ望遠鏡は末広町にある高崎市少年科学館から移設されたそうです。

2011年の震災で動かなくなってしまった望遠鏡を修理し、くらぶちにもってきたのです。

確かに、観察する環境としてはくらぶちの方が適してそうですね。

天体観測 パパは予習しておこう!

どうせ子供を連れて行くなら少し予習していきたいですよね?

なぜってちょっと知識のあるところを子供にみせるためですよ。

 

「パパは星座のことよく知ってるんだよ。あれはおおぐま座、こっちはかに座」

みたいな感じで。

 

そうすれば、

「パパすげぇ〜!!」「パパってものしりなんだね〜」

と言われること間違いなしw

 

楽勝で尊敬の念を獲得できるわけです。

たまにはカッコつけましょう。

春に見ることができる星座を調べておくといいかもしれません。

宇宙兄弟公式のサイトを貼っときます。

くらぶちこども天文台 まとめ

いや〜天体観測っていいもんですよね。

子供って宇宙が大好き。

親子で星座を眺めるってそうそうあるものではありません。

もちろん、子供の記憶にはちゃんと残ると思います。

子供と一緒に宇宙に思いをはせてみませんか?

またレポートします。(追記:行ってきました↓↓↓)

くらぶちこども天文台 さっそくいってみた!3月16日オープン!
さて本日2019年3月16日はくらぶちこども天文台がオープンする日。 日中はずっと家にいた我が子2人。 夕方に車に乗せて行ってきました。 実際に行ってみるといろいろな事が分かったのでシェアしますよ! くらぶちこども天文台...

高崎市の耳より情報を教えてもらえると記事に役立ちます