毎月更新 ウェルスナビ2019年2月の結果
詳細はこちら

高崎の「子育てSOSサービス」が全国に報道されているよ!

Advertisements
高崎の子育て
Advertisements

さて、昨日ぶったまげたニュース。

子育てSOSヘルパー派遣、群馬 緊急時1時間で、高崎

上記リンクによると、

群馬県高崎市は8日、乳幼児を持つ親が電話すれば、市が原則1時間以内にヘルパーを派遣し、育児や家事を手伝う「子育てSOSサービス」を4月から始めると発表した。1時間当たり250円で利用回数や時間の制限はないが、電話を受ける保健師が悩みや状況を聞いて緊急性を判断し、派遣の是非を決める。市は「全国でも珍しい取り組み」とアピールする。

 子育て中の家庭の不安、負担を軽減するのが狙い。富岡賢治市長は同日の記者会見で「子育てでイライラした時などにすぐ手を差し伸べられる。虐待防止にもつながる」と強調した。2019年度当初予算案に関連費用約3千万円を盛り込んだ。

 

とのこと。予算3千万とのことで、かなりの本気度が伺えます。

高崎市民であることを誇りに思った次第であります。

Advertisements

高崎の子育てSOSサービス

このニュース、かなりインパクトが強かったようで全国各地の地方新聞が伝えています。

 

 

佐賀新聞やら沖縄タイムス、西日本新聞など、遠くの都市まで一気に伝わってますね。

実際のサービスはどのようなものでしょうか?

子育てSOSサービス 利用出来る対象者は?

さて、全国でも珍しい取り組み。

実現すれば本当にすごい。

子育てから来るイライラや体調不良について解消してくれるシステムとなるでしょう。

利用出来る対象者はどのような人たちでしょう?

Yahoo!ニュースに詳細が載ってました。

まず利用出来るのは市内の妊婦や、未就学児のいる家庭とのことです。

確かに市内なら車などで1時間以内にかけつけることは可能でしょう。

子育てSOSサービス 利用出来る時間帯は?

利用出来る時間帯ですが、

年末年始を除く毎日午前8時~午後8時

とのこと。

記事によれば、ヘルパーが2人一組で訪問し、料理や掃除、買い物、子どものおむつ交換やもく浴などを手伝ってくれるそうです。

2人ってのは安心ですね。

どうしても知らない人を家にあげるのは不安がともないます。

2人体制ならヘルパーさんに余計な気をつかう心配はありません。

子育てで特に大変なのは深夜ですが、さすがに深夜までは対応にならないようです。

まあ防犯上も深夜は難しいかなといったところです。

高崎の子育てSOSサービス まとめ

とりあえず、「すごいぞ高崎市!」の一言。

1時間250円なので、4時間でたった1000円です。

睡眠不足のママとか、美容院に行きたいママなんかにも使えるんじゃないでしょうか?

昨今、いろんな虐待ニュースなどありますが、こういった取り組みで1件でも減らしてもらいたいと思います。

どんどんリフレッシュできるといいですよね。

フクシマパパも高崎の子育てSOSサービスを応援しています。

高崎市の耳より情報を教えてもらえると記事に役立ちます