パパの子育て 昭和の価値観は平成に置いていこう!

子育てコラム

先日は長男の上毛かるた練習に付き添い。

慌ただしく会社を出て長男を学童からピックし、家族の食事の用意。

嫁が下の2人の子供を連れて帰ってきたのは午後6:40分頃。

食事を済ませた我が家の男二人組はさっそうと会場まで車で向います。

午後7:00から約1時間のかるた練習。

他の保護者の方も集まり、読み札を読む人と審判に別れます。

1時間ほどで練習が終わり、バイバイして家路につきます。

そこからお風呂に入って就寝。めっちゃ忙しい!

「パパなんて俺しかいないんだけどねw」

って知り合いの男性に話したところ、

「そんなの恥ずかしくない?」

と言われました。

これはいつものこと。慣れっこです。

ああ、昭和ですよね。

 

上毛かるた 他県出身者がその魅力を語るよ!
先週の平日ですが小学校の長男のかるた練習について行きました。 群馬では小学生の上毛かるたの大会が年末からあるので、その付き添いです。 大人は審判として立ち会ったり、読み札を読んだりします。 私も子供たちに教えてもら...

パパの子育て 昭和の価値観は平成に置いていこう

多分、その人のいわんとしていることは、

・残業続きで行く暇はない

・女性の保護者からの目線が気になる

・子育てに専念するのはつまらない

みたいなことでしょう。もう聞き飽きました。

こんなパパたくさんいますからね。

私からいわせれば、かるたの付き添いの方がよっぽど会社にいるより勉強になります。

なぜって

・残業しないように仕事をコントロールするスキルが身につく。

・残業はルーティン作業ばっかで全く自分を成長させない

・かるたに行くと年上・年下のたくさんの子供達がいるので新しい発見につながる

といったところでしょうか。

残業って大変ですし、仕事のトラブルを沈静化するために仕方なくやっているってことは私もわかります。

けど実体験から思うに、それって自分を成長させるものではないんですよね。

新しい発見って何もないんですよ。残業だと。

自分のたまった仕事を終わらせるためか、明日あわてないためにやってから帰る仕事がほとんどでしょう。

全ては予期できる仕事の前準備と言えませんか?

自分を成長させてくれることっていうのは、絶対に「新しいこと」です。

新しい発見をすること。

そこで私がお勧めするのは子供のイベントに出て見ること。

いろんな発見につながります。

営業とかマーケティングの仕事している人なんか、こういうイベントに出てママさんたちの話を聞けばもっとスキルが上がるかと思いますけどね。

例えば、ツイッターに出ていたこんな話。

私もフォローしているえむさん。

これに対しての反応のすごいこと。

仕事終わりでサクッと子供と一緒に食事ができる定食屋さんのニーズってすごいんじゃないですか?

飲食業界で働いていたら一考に値する情報だと思いますけどね。

パパの子育て 昭和の価値観は平成に置いていこう その他

その他、昭和だな〜とこの時期思うこと。

例えば、会社の忘年会という意味わからん時間とお金の浪費。

そういう会に出れるんだったら、同じ時間子供の世話をしていた方がよっぽど人間的に成長すると思いますけどね。

全ては仕事ならどれだけ時間を浪費しても許されるという考えだと思いますよ。

残業やら飲み会なんて、みんなで同じことをしてるだけで内容はお粗末なこと多くないですか?

正直、得るものがないんですよね。

ママさんたちの方がよっぽど社会貢献してます。

パパの子育て 昭和の価値観は平成に置いていこう まとめ

さあ、平成も終わります。

ただ、サラリーマンの仕事感はまだまだ昭和。

そんなの捨て去って新しい価値観を作って行きませんか?

フクシマパパはかるた練習に参加するパパさん達を応援しています。

コメント