年賀状 値上げ 62円 早割りでお得

我が家の子育て

こんにちは。

早いもので2018年も11月まできてしまいました。

来月は師走。しわすですね。

この時期になると、子育て夫婦には例の行事がやってきます。

そう年賀状の用意ですよ。

年賀状

結婚を期に式に来てくれた親戚や友人達との年賀状交換が始まったって人多いです。

うちもその通りで、夫婦合わせて60枚くらいは毎年作成してます。

とりあえず、元旦に届かないとまずいよな〜くらいは思ってます。

なので11月くらいになると年賀状を意識しだすんですよ。

年賀状 値上げ 62円

今やほとんどの人が官製はがきなんて出しませんよね。

いまいちハガキの値段がわからないとこではありますが、年賀状は今年から62円です。

来年は増税もあるのでさらに上がるかもしれません。

2018年11月より来年用の年賀状が発売されたとのこと。

ちなみに2019年は亥年です。いのししですね。

年賀状

年賀状 どうやって作ってますか?

さて、その年賀状ですが作成については色々なやり方がありますよね。

年賀状 自力でデザインから宛名まで作る

自力で全部作れる人ってすごいですよね。

例えば、毛筆がめちゃくちゃ上手い人。

この手の人はそのままスラスラ書けばいいだけですから。

年賀状の時期は習字が上手ければな〜と毎年のように思います。

年賀状

 

私の思い出は親が頑張って年末に作っていたプリントゴッコ

まだ覚えている人もたくさんいると思います。

まだ家庭用のプリンターやPCなんてなかった時代。

若い人には信じられないでしょうが、これでぺったんぺったんしてたのですよw

ウキペディアによれば、

パソコン印刷の台頭により、2012年で全ての生産を打ち切ったとのことです。

年賀状 ネットから無料フォーマットで自宅印刷

それから、ネットでフォーマットをDLして使う方法もあります。

自宅にプリンターがあって、インク交換も苦にならない人向けですかね。

メリットはいつでもできること。

フォーマットに写真を入れて自分の住所も入れてしまえばそこまで手がかかりません。

宛先はPCソフトを使って印刷します。両面やらなければなので少し面倒なのは否めません。

年賀状 早割のネットプリント業者を使う

そして、最近多いのがネットプリント業者を使うこと。

驚きなのが、専用フォーマットから入力することで宛名まで入れてくれます。

中には、投函まで代行してくれるなんてとこもありますw

よく印刷のみで直筆がない年賀状ももらいますよね?

もしかして投函まで業者にお願いしているのでしょうか?

11月中くらいだと、どこの業者さんも早割のキャンペーンをやってます。

やっぱり業者の代行は便利です。

手間がかからないという意味では、子育て世代にお勧めするのはネットプリント。

子供がいると、投函前の年賀状に落書きされたなんてことも多々あります。

いくつか紹介します。

年賀状 ラクスル

年賀状

大手のラクスルさんは宛名印刷や投函代行・送料が無料とのことです。

サイト内はかなりシックな感じです。

どのサイトでも見積もりができるようなので値段と相談して決めるのがいいですね。

年賀状印刷ならラクスル【宛名印字無料】

年賀状 ふみいろ年賀状

年賀状

芦田愛菜ちゃんがHPに載っているふみいろ年賀状。

62円の年賀状が57円になるそうです。

サイトはずいぶん可愛らしい雰囲気。子供の写真を載せるの良さそうです。

業界最大級の年賀状印刷サービス【ふみいろ年賀状】

年賀状 年賀本舗

年賀本舗はデザインが豊富なようです。その数1200種類以上。

こちらも早割してます。

年賀本舗ですが、全て人の手で確認作業をしているとのこと。

サイトより引用させていただきます。

 

多くの年賀状印刷サイトでは、効率化や低コストを追求するあまり、完全自動化になっていて、レイアウトがずれていてもそれは「お客様の責任」として、そのまま印刷されるケースがあります。
修正も受け付けていません。

でも、レイアウトにずれがあったり、配置がずれた年賀状を受け取るのは、気分の良いものではありません。

そこで私たちは、自動レイアウトに加え、ご注文いただいたデータをすべて、人の手を介してチェック・修正をしています。
もし、内容に不備があった場合は、お客様に連絡するようにしています。
もちろん、修正があった場合も喜んで対応致します。

すべてをパソコン任せ、機械任せ、お客様任せにするのではなく、熟練スタッフが丁寧に、お客様のご注文データをチェックしていますので、安心してご注文ください。

これなら安心ですね。

年賀はがきが1枚57円。デザイン1207種類【年賀本舗】

年賀状 喪中なら

さて、しかしながら年賀状が出せない喪中の方もいらっしゃると思います。

喪中用のハガキもネットプリント業者さんがいます。

例えばおたより本舗さん。

相手方が年賀状の用意をする前に喪中ハガキは出したいですよね。

そうするとそろそろ取り掛からないといけない時期ではあります。

喪中はがき印刷の専門店【おたより本舗】

年賀状 早割まとめ

今やいろんな業者さんが我々子育て世代の代行をしてくれる時代です。

手間がかかるところはどんどん任せた方が経済も回ると思います。

年賀状のネットプリントもぜひお試しください。

コメント