イベント告知!高崎市ともっとつながりたい

2020年2月はカフェ・カパーブルさんを紹介します

子育てと仕事 どちらが大変? PDCAの観点から考えてみた

子育てコラム

子育てと仕事。

どちらもわれわれ子育て世代にとって大事なものです。

よく議論されるのが、

子育てと仕事はどっちが大変?ということ。

よく仕事人のパパは、

「仕事の方が大変に決まってる。子育てなんて一緒にいるだけじゃないか?」

と言いますよね。

先日、ブログでは超有名なイケハヤさんがYoutubeでこの辺のことを話されていたので私も少し考えてみたいなと思います。

参加者満足度100%!再就職を希望する女性を完全無料でサポートします
【女性しごと応援テラス・東京しごとセンター】

子育てと仕事 PDCAできているかで考える

仕事と子育て。どちらが大変かと思う分水嶺はどこにあるのでしょう?

わたしの意見は以下の通りです。

①仕事上でPDCAがきちんと回せている人は子育ての方が大変と感じます。

②仕事上でPDCAがきちんと回せていないパパは仕事の方が大変と考えます。

仕事も子育ても両方知っているママは、子育てと答えます。

以上が私の結論ですね。

子育ても仕事もPDCAで考える

よく仕事してるとPDCAサイクルって言葉を聞くじゃないですか?

Pはプラン

Dは実行

Cはチェック

Aはアクション

のPDCAですね。

仕事上で改善や効率化を行うために、上記概念が使われてます。

聞いたことないって人も中にはいるかもしれません。

とりあえず企業に勤めていれば、似たようなシステムに基づいて仕事していると思います。

仕事は PDCAをいかにコントロールできるか

仕事についてはこのPDCAをいかにコントロールできるかが鍵になってきます。

きちんとコントロールできている人は、今日一日が計画通りことが進んだことに満足するでしょう。

しかしながら、PDCAをコントロールできず、

いわゆる「仕事に振り回されている人

ってたくさんいますよね。

予想だにしない出来事が絶え間なく起こり、とっさの対応に追われるじゃないですか?

いつ終わるかもしれない残業をして、業務の沈静化に当たるわけです。

ストレス半端ないですよね。

人間って予想できることってのは、そこまでイライラなく対応できるんです。

しかしながら予想できないことに関してはうまく精神をコントロールできません。

結果、肉体的にも精神的にも疲弊していきます。

これだとやっぱり仕事の方が大変という結論になりますよね。

けど、PDCAが回らないもの。

それって子育てそのものじゃない?ってことです。

子育て PDCAを予想する難しさ

子育てってほんとPDCAできないんですよ。

上記イケハヤさんも言ってますが、まず食事

食べたり食べなかったり、ご飯を撒き散らしますよね。よだれもすごい。

それから排泄

いろんなところでおもらししてしまいます。

家ならまだしも、外出先でおもらし。

あれれオムツが足りない!なんて冷や汗かいたことは数知れず。

夕飯を作ろうとすると抱っこをせがみます。

DVDみててねって言っても無理ですね。

抱っこされないと不安なのか、キッチンに突然入ってきて危ない思いをしたこと数知れず。

なんとか、夕飯用意したけどやっぱ食べなかったりw

それから夜は夜泣き

こちらの寝るタイミングはお構い無しで夜中泣きわめきます。

オムツ変えたり、よちよちしたりして、親の睡眠時間を根こそぎ奪っていきます。

睡眠が取れないってのは本当につらい。

参考:【睡眠】子育てに1番必要なもの【確保】

朝起きたら、もうバタバタ。

子供の用意をして朝ごはんを済ませ、車に乗せて保育園までレッツゴーですね。ハァハァ・・・

帰宅後の荒れたリビングといったら。。。

ウチの場合、泥棒が入ってても気がつかないくらいの状態になってますw

赤ちゃんが生まれてからずっと付き添っているママは経験的にわかってますから。

私が聞いた限りですが、子育てと仕事を両立しているママは必ず、

「仕事より子育ての方が大変」

と言いますよ。

仕事でPDCAできている人は育児に向かう

考えてみると、きっちり仕事上のPDCAができている人はそれだけ余暇の時間がありますからね。

だから家に帰ってきて育児するんですよ。

そうなると、絶対に

「育児の方が大変」

との結論になるでしょう。

今の私の状態がここにあります。

別に残業する、しないとかのレベルじゃありません。

「今日は業務量が多いから残業・明日は打ち合わせが少ないから定時帰宅」

と、自分の仕事を制御できればおのずと余力は家庭内に持ち込まれます

その際、「自分がしている仕事より子育ては大変だなぁ」と思うことは自然な流れです。

別にお給料が多い・少ないとか、仕事の内容が危険な現場作業とか関係ないんですよ。

きちんと回っている仕事の場合、予想ってのができますからね。

どんなタフな交渉ごとも、難しい作業でもタイミングと段取りはコントロール可能。

つまり大変さとは、

「そのタスクを完遂するにあたり、どの程度の労力が予想できるかできないか」

ということになると思います。

仕事が回っているパパ・ママにとっては子育ての方が大変になるわけです。

子育て・仕事 どちらが大変?まとめ

さて、今回の話ですが各個人でいろんなケースがあると思います。

急な仕事を振られちゃって忙しくなっちゃったとか、子供が病気になって入院してしまったとか。

なので一般論として、子育て・仕事のどちらが大変か?ということは判断できません

ただ仕事をコントロールできていないと、子育てより仕事の方が大変と思う傾向があるかな?

と考えたわけです。

けれども、やっぱり子育ての方が大変と思えた方が幸せですよね!

仕事に追われていると余裕がありませんからね。

なんのために働いでいるの?って考えるとやっぱ家族のためでしょ!

 

何かの参考になれば幸いです。

それでは!

高崎市の耳より情報を教えてもらえると記事に役立ちます