有給義務化 その前にやること

子育てコラム

本日、素晴らしいニュースを目にしました。

スムーズに取れるか 有給休暇 来春から義務化

そもそも有給って義務じゃないのか!

と叫びたい私は空気が読めない人間でしょうか?

いいですね〜有給とって子供を平日に公園に連れ出しましょうよ。

有給はどうやって義務化されるの?

2019年4月1日以降でいわゆる有給休暇の取得義務化が始まるそうです。

労働基準法を改正することで義務化するとのこと。

現行法では労働者が申し出ないとダメだったんですね。

先のリンクでは群馬県の平均有給取得率が出てます。

45.7%ですって。実際はもっと少ないんだろうな。。。

労働基準法の文言はどう変わるの?

改正された労働基準法の文言は下記の通りです。

SR人事メディアさんのサイトから引用させていただきます。

使用者は、10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対し、5日について、毎年、時季を指定して与えなければならないこととする(労働者の時季指定や計画的付与により取得された年次有給休暇の日数分については指定の必要はない)

 

 

ん?

たった5日間?

全然、義務化じゃないですねw

早くも暗雲立ち込めた法改正ですね。

全ての有給を使わなければならないようになったのかと思いきや、たった5日間。。。

一家団らんとして有効活用するには程遠いと思います。

違反したら会社はどうなるの?

 

違反した企業ですが、30万円以下の罰金の対象になるとのことw

大丈夫か?

頭おかしいですね。

従業員が何千人もいて、有給を取らせなかったとしても罰金30万円以下?

例えば1000人の従業員を5日間働かせると述べ5000人分。

ひとり当たり日給2万円だとすると1億円分の労働力です。

罰金払った方がいいですねw

今年話題になった電通の痛ましい事件を彷彿とさせます。

あれも労働法違反という名目(違法残業)で裁かれました。

法律上は罰金50万円なんですよ。

法律でそうなっているから仕方ない。

んー期待できませんねぇ。

有給義務化 その前に

残業を減らそう!

有給休暇の取得を主張すると、決まっていわれるのが人手不足。

人手不足なので仕事場の人員やりくりが大変難しいのです。

それが有給を取得することにたいしての「ためらい」につながってます。

例え有給を取っても、次の日にたまった仕事で残業じゃあ意味ないですよね。

つまり有給うんぬんの前に、残業がない職場の状況ってのを作らないといけないんですよ。

いらない仕事をどんどん捨てる!

誰も見ていない月末レポートを作成しているとか、

5分で終わる会議を30分かけているとしてません?

パソコンと会議はサラリーマンの天敵!

仕事した気になってしまいますが、実は全然仕事してないw

意味のない資料作成やなぜか30分刻みで行う会議なんてもっての他です。

会議は5分刻みでセットしましょう。15分で終わる会議なら15分で行いましょう。

時間が余ったらとっとと解散!

余裕人員がいるかいないかで会社の姿勢を判断

あなたが有給を取っている間、誰かが代わりに仕事をしてくれてますか?

もし代わりの人がいないなら、仕事はたまったままですよね。

有給を取ることが、自分を逆に追い込んでしまうような労働環境で働いてませんか?

その場合、やっぱり有給は取れませんよ。

よほど自分にとって有意義な仕事だと思うのであればそのままでもいいでしょう。

しかし不満があるなら転職も考えた方がいいですよね。

関連:群馬で転職 探すならVOKERS

よっぽどのスーパーマンでもない限り、余裕人員がその部署に配置されていなければ有給は取れません。

管理職だってそのくらいわかりますよ。わかってて無視してるだけです。

私は思いますが、人間そこまで馬鹿じゃありません。

みんな有給が取れない理由はわかっているんです。

そんな人間達と今度も付き合っていくかどうかの話ですよね。

有給義務化 まとめ

なので今回の法改正はちょっと期待薄です。

それでもいい流れにはなっているのではないかと思います。

もっと有給が取れるようになるといいですよね。

いい職場環境は、有給がきちんと取れること!

有給をきちんととるためには、残業がない仕事の仕組みをつくること!

あきらめないで、頑張っていきましょう。

コメント