イベント告知!高崎市ともっとつながりたい

2020年2月はカフェ・カパーブルさんを紹介します

悩み解消!育児の役割分担はサッカー型で

子育てコラム

先日のこと。

ツイッターを眺めていたら気になったつぶやきがありました。

リンク先がわからなくなってしまったので、記憶の範囲で内容を書いておきます。

30代の赤ちゃんがいるワンオペママのつぶやきです。

忙しそうなママを気遣ってパパが帰宅途中、日用品の買い物をして帰ってきてくれました。

けどママは全然うれしくなかったそうです。

え?なんでと思いますよね?

理由はママは自分で買い物したかったからです。

パパには買いものなんかより、早く帰ってきて子供を見ていてもらいたかったのです。

ワンオペに忙しいママは、たまには自分ひとりの時間を確保したかったのでしょう。

それがパパに伝わらないので、抑えきれない気持ちをツイートしたようです。

これ、すごく気持ちはわかるのですが、ちょっと夫婦関係がマズイよねって思ったのでここに書き留めておきます。

子育て 役割分担を決めてしまうことによる害

子育ては気の遠くなるような長い時間行われます。

子供のお世話を24時間行っていると、どうしても自分がやりたいことができなくなってきます。

丸1日くらいならなんとか耐えられますが、それ以上になるとかなりストレスになりますよね。

子育て ずーっと同じことをしていることへのストレス

子供といると彼ら・彼女らの要求に対応することが精一杯で、自分で何かを選択することができなくなってしまいます。

食事やお着替え、それに寝かしつけからお風呂。お風呂から出た後のケアまで。わんわん泣く子をあやしながら分刻みで家事をこなします。

本当に子供ありきなので、全ての行動は子供により制限されてしまいます。

気がついたらずっと同じことを一日中、家の中でやってます。

これって相当ストレスなんですよね。

人間の心ってずっと同じことをすることに耐えられません。いわゆるノイローゼ状態になってしまいます。

そんな時、1人で外で買いものできたらとってもハッピーです。

子供から離れて、自分の意思で思うままに行動できますからね。

子育て 役割分担は決めないこと!

ここで思うことは、やっぱり役割分担は決めないこと。

子育てに関するタスクは上手に夫婦で回しましょう。

例えば病院関連。

病院に連れて行くのは絶対にママとかになってませんか?

そうなってしまうと自然な流れとして、

薬をあげるのもママ

定期検診に行くのもママ

予防接種に行くのもママ

になってしまいます。

役割を固定してしまうと、そこから派生する子育てタスクが全部一方の仕事になってしまいますよ!

このような役割が固定している育児スタイルをスポーツに例えるなら「野球」ですね。

野球はボジションとか打席とか決まっててお互いに動きが全く違います。

攻守も分かれてますし、一見してどちらが何をしているのかが明白ですね。

しんどいのはやっぱりピッチャー。1人でたくさんの球数投げなければなりません。

ワンオペしているママはマウンドで1人孤独に戦うピッチャーに重なります。

役割分担がきっちりしている子育ては、野球型の子育てといえるでしょう。

夫婦の子育て役割分担 野球型

野球型の子育てについて整理すると、

・個々のタスクについて夫婦どちらかがやるかだいたい決まっている。

・メリットとして、役割が明確なのでお互いに動きやすい

・デメリットとしては、お互いの情報交換が乏しくなる、どちらかに負担がかかりやすい

と言ったところでしょうか。

 

ほとんどの家庭では夫婦の役割分担が何と無く決まっているように感じます。

ただ、それでちゃんと家庭回ってますか?

我が家の場合は逆に役割は設けてません。いつも手の空いている方が炊事・家事・育児を行います。

目まぐるしく役割が変わるので、我が家のような子育ては野球型ではなく、どちらかというと「サッカー型」ですね。

夫婦の子育て役割分担 サッカー型

サッカーって目まぐるしく選手が動いてますよね。

攻撃かと思ったらすぐに守備に回る。

フォワードの選手だって守備しますし、背の高いディフェンスの選手がヘディングでゴール決めたりするじゃないですか。

サッカー型の子育ては、

・個々のタスクについて夫婦どちらかが決まっていない。

・メリットとして、夫婦での情報共有が多くなる

・デメリットとしては、なんにでも対応できるよう、夫婦両方ともに子育てスキルが必要

ってことでしょうか?

我が家はサッカー型なのでどんどんポジション変更しています。

本日の朝食を作るのはパパ、けど明日はママ。

子供のお弁当も先に起きた方が作ります。

掃除は気になったらどちらかが自発的に清掃。

子供の病院も仕事休める方が行く。

みたいな感じです。

子育て 役割分担は決めない!

さて、最初のツイートの話に戻りますと、

30代のワンオペママの家では夫婦で子育てに対する役割分担がきっちり決まっていたのでしょう。

だからパパも、買い物をして帰ってくることになんの疑問もなかったのです。

1日中育児をする経験があれば、ちょこっとスーパーにひとりで買い物に行くのがどれだけ開放感にひたれるかすぐに想像できますし、夫婦でそんな会話になりますよね。

すぐには難しいかもしれませんが、どんどん夫婦間でのタスクを回すような子育てをしてみてはいかがでしょうか?

フクシマパパは子育て夫婦を応援しています。

高崎市の耳より情報を教えてもらえると記事に役立ちます