イベント告知!高崎市ともっとつながりたい

2020年3月は群馬のシンガーソングライターきえさんを紹介します

ミライザカ高崎店 7月25日オープン モモ1本グローブ揚げを食べてきたよ!

開店・閉店情報

こんにちは。フクシマです。

先日、高崎駅西口をふらっとしているとまたしても新店舗がオープンしていました。

ミライザカ高崎

ミライザカ高崎店 7月25日オープン

場所は高崎駅西口すぐにある居酒屋さんがたくさん入ったビル。

その1階です。

看板を見る限り、うまい唐揚げと居酒屋ご飯を提供するお店のようです。

あれ、その前はなんのお店だったっけ?・・・と数分考えましたがわからずネット検索。

そうでした居酒屋の「和民」が入ってましたね。

和民が内装を変えて、新装開店したようですね。

ワタミにも色々事情があるらしく、看板から「和民」の文字を抜いた業態で勝負しているとのことです。

参考記事

その新業態の1つがミライザカです。

ミライザカ高崎店 コンセプト

さて、このミライザカという居酒屋。

シンプルでレトロな看板です。

乃木坂、欅坂、ときて次はミライザカかと思いましたが、どうやらお店側ではずいぶん考えてこの名前にしているようです。

公式サイトによれば、ミライザカのコンセプトは

・それまでの総合居酒屋と新しいスタイルを融合する。

・こだわりのある専門料理があり、女性でも入れるようなおしゃれな空間がある

・場を楽しませてくれる若くてフレンドリーなスタッフがいる

とのこと。

さらに自己反省とも取れる文言をサイト内に書きつづってます。

(略)私たちは、豊富なメニューをそろえた王道の居酒屋として、長く歩んできました。

それは、美味しい食事とお酒をできるだけリーズナブルに提供し、より多くのお客さまを笑顔にしたいというチャレンジの歴史でした。

けれど、時代とともに人びとが酒場へ求めるものは移り変わり、いつしか私たちは魅力的な個性を失っていたようです。

このまま日本の王道居酒屋が寂れていかないように。
もう一度、お客さまに居酒屋ならではの楽しさを感じていただくために。私たちはいま、新しい時代の、新しい居酒屋を始めます。

 

・・・めっちゃ反省してます。

何もそこまでも・・・と思いましたがなんだかその純粋さに心うたれました。これは入って確かめなければなりますまい。

ミライザカ高崎店 店内

入り口を入ると店員さんにテーブル席に通されました。

テーブルの上にはペラペラの新聞?みたいなメニュー表が。

これはお持ち帰りできるチラシのような意図でしょうか?
ミライザカ高崎

横にはアイパッド型の注文パネルあり。こちらで注文するそうです。
ミライザカ高崎

テーブルに備え付けられた小皿と調味料。この辺は普通です。
ミライザカ高崎

元和民の広いスペースを改装してます。天井も高さがあります。
ミライザカ高崎

テレビが設置されてます。これならひとり客でもさみしくないですね!

さてさて、ミライザカの名物メニューは

鶏のモモ肉を1本丸ごと揚げたグローブ揚げと呼ばれる一品。

ミライザカ高崎

お値段はなんと999円!

まあ1本丸ごとならそのくらいの値段しますよね。

サイトにも書いてあったこだわりの専門料理。果たしてその味はどうなのか?確かめるべくこちらを注文しました。

ミライザカ高崎 タッチパネルにて注文。

パネルの便利なところは英語や中国語に対応していることでしょう。

高崎アリーナでの世界選手権なんて体操やチアリーディングなんかでよく開かれてますし、訪れる外国人がこの1年でとっても増えましたよね。

ミライザカ高崎店  モモ1本グローブ揚げ

注文してみたものの、鶏モモ1本分なのでそこそこ時間がかかると思います。

ミライザカ高崎

提供される間に、お店の内装をチラチラ確認しましょう。

別のテーブル席にもテレビあり。テレビは合計2台あるようです。

テーブル席の頭上に設置されてます。

ミライザカ高崎

小上がりもあります。

テーブル席と合わせて多分100人以上は終了できるキャパがあるでしょう。

客席は分煙になっているので小さいお子様連れでも楽しめそうですね。

さて、そんな感じで時間を潰していると、約10分で提供でした。

ミライザカ高崎

モモ1本グローブ揚げ(999円)

タレをしみ込ませた骨つきのモモ肉を丸ごと揚げて、テーブル席にて店員さんにハサミを入れてもらいます。

相当なボリュームですよ、これ。

付け合わせでマヨネーズとレモン、それから生のキャベツがのります。

ハサミが入れられたモモ肉が、野球のグローブのように見えることから名付けられたのでしょう。
ミライザカ高崎

天面にはミライザカ名物とプリントされた旗が刺さってます。
ミライザカ高崎

まずモモ肉。タレが染み込んで味がきちんとついてます。揚げ粉もカリカリで美味しい。ウマー。
ミライザカ高崎

それからキャベツ。モモ1本丸ごと食べるにはどうしても油がしつこくなってきます。キャベツにて口の中をさっぱりさせます。

個人的にはこの倍くらいキャベツ欲しい。
ミライザカ高崎

最後は箸でお肉を切り取ります。この辺で味を変化させたかったため、レモンと卓上にあるコショウを一振りします。

ミライザカ高崎

なんとか最後のひとかけらまで到達。

ワシワシと食べ続けます。ミライザカ高崎

約10分で完食でした。

総評としては、油がサクッとしてます。

味付けもよく飽きのこないから揚げですね。

木のお皿でありながらベトついていないので、最後まで美味しくいただけました。

またひとつ、面白いお店が高崎にオープンしましたね。

これからも頑張って欲しいと思います。

フクシマパパはミライザカ高崎店さんを応援しています。

子連れで行けるお店ランク ☆(☆☆☆が最高)

ー評価ポイントー

・小上がりあり

 

 

高崎市の耳より情報を教えてもらえると記事に役立ちます