【睡眠】子育てママに1番必要なもの【確保】

子育てコラム
Advertisements

こんにちは。みなさん。本日も子育てお疲れ様です。

子育てして一番つらいこと、それは眠れないことではないでしょうか?

小さな子供をお持ちのママには睡眠時間が0〜3時間という方もいらっしゃるようです。仕事や家のことを頑張っていると、どうしても自分の睡眠時間が十分にとれず、「寝不足だ」と感じてしまいますよね。

SNSなんかをながめていると、全国の眠れない主婦の方々の悲鳴ともいえる書き込みをよく見ます。

出産した後はすぐに授乳期間があり、3時間おきに起こされます。その後、成長してくると今度は夜泣きがはじまります。

病気になれば一晩中看病していなければなりません。

2歳くらいになると今度は昼間の活動が増えてきて、我々の昼寝を妨害します。

さらに大きくなると、寝相の悪さに悩まされます。異常なほどくっついてきたり、ぶつかってきて起こされます。

私も夜中何度キレたかわかりませんw

2人目ができると上記の繰り返し。3人目も繰り返し。。ほんと大変ですよね。

Advertisements

睡眠不足が体に与える影響

睡眠不足になると人はどうなるか。フミナーズのサイトに興味深い事が書いてありました。引用させていただきます。

———-

寝不足になると、思考の切り替えを行ったり、複数の情報を同時に処理したりする脳の「前頭葉」の働きが低下します。机や部屋が散らかるのは、買ったものや使ったものをどう処理すべきかをとっさに判断できず、場当たり的に対処したためです。必ずしも本人の性格がだらしないわけではなく、寝不足によって情報処理能力が低下しているのかもしれません。

———–

あれ!これってよく聞く、「育児疲れを気遣ってくれない旦那が会社から帰宅後に部屋の散らかりを見て嫁を怒鳴りつけるの図」のことじゃあーりませんか!

睡眠不足 旦那さんに理解してもらおう

私の経験上、子育てで1週間睡眠が細切れになる方が、会社でひと晩徹夜するよりキツイです。

理解ない旦那さんは、「寝てないって言われても、昼間寝ている分も合わせれば5−6時間くらい睡眠取れてるんじゃないのか?情けない。俺なんか・・・(以下略)」

と愚痴ります。

女性の方達には申し訳ありませんが、男性は上記のように考えがちなんです。合算して睡眠取れてればそこまで大変じゃないだろうって思っちゃうんですよね。

男性の経験上、

夜眠れない = ひと晩中、徹夜で何か作業した。俺がんばった。

という事がほとんどなので、継続して睡眠が取れないキツさってのがわからない人が多いんですよね。

徹夜で仕事した後って妙にテンション高くなったりします。そのあとはまとめて寝てしまうので次の日には復活してます。

逆に子育ての場合、不眠状態が1年以上続きます。この期間、ワンオペをずっと継続しているママの健康状態は本当に危険だと思います。

先ほどのフミナーズにも、

—————-

寝不足の状態が続き、疲労の回復のための時間が減ると、脳だけでなく身体にも疲れが出ます。睡眠科学の世界では1回の徹夜よりも、1日2時間程度の寝不足が続く方が、脳と身体への影響が大きいといわれています。寝不足状態が続くと、ストレスなどによって増える物質「活性酸素」を処理しきれず、傷ついた細胞の修復ができなくなり、疲れがとれなくなります。

—————-

との記述がありました。ぜひとも旦那さんに理解してもらってください。感情的にならず、ウェブサイトに書かれている医学情報なんかを読ませる方がいいかもしれません。

私の場合、すんなり理解できたんです。
理由は私自身も睡眠がずっととれなくて鬱になりかけた事があったからです。

結婚前ですが、仕事で抱えた案件がアホみたいに多く、毎日深夜残業。深い睡眠が取れればいいのですが、山積みになった問題を夜中にハッと思い出して起きてしまう事が2か月くらい続きました。あれは辛かった。。。

やっぱり自分で経験しないと睡眠の問題ってわかりづらいんですよね。

睡眠不足 旦那さんに協力してもらおう!

我が家の場合ですが、寝室は二つ用意しています。

片方は家族で寝る部屋。もう片方はパパ・ママどちらかが1人で眠れる部屋です。

赤ちゃんの夜泣きがうるさくて旦那さんが別の部屋で寝ている家庭はけっこう多いと思います。

けど旦那さんだけのものにしてはいけません。

ママも週に2回くらいはひとりで眠れるよう役割分担しましょう。

土日休みの旦那さんの場合だったら金曜日と土曜日はパパが夜中の子供の面倒を見るとかでもいいかもしれません。

そのためにはパパもスキルをつけておかなければなりませんね。

ママが病気になることもありますので、その予行演習で訓練してみましょう。

まとまった睡眠時間を確保できるってのは本当に重要です。

睡眠不足 高崎で利用できるサービス

高崎市では田町に子育てなんでもセンターという子育て施設が去年あたりオープンしました。

ここにある「高崎キッズサポートかしの木」ですが、低価格で子供を預かってくれます。

睡眠をきちんと取りたいという方は利用してみてもいいかもしれませんね。

たかが睡眠と思うことなかれ。寝ることは子育てをする上で必要不可欠なリフレッシュです。

注意しなければならないことは、かしの木は初回の託児について時間制限があることです。

0・1歳児は2時間まで、2歳児以上は6時間までしか預かってくれません。何かの時のために一度預けておくことがいいかもしれません。

ただし、予約が一杯でなかなか希望日に利用できなかった記憶があります。もう少し利用しやすくなればいいかなと思います。うちも利用はまだですが登録はしてあります。

睡眠不足 ベビーシッターを使う

また、民間企業ですが、ベビーシッターをマッチングしてくれるキッズラインというサービスもあります。

このキッズライン。即日の申し込みもできるという優れもの。シッターさん個人を申込者が選べるという意味でも画期的です。

ベビーシッターというと、料金が高いためお金持ちだけが利用するものと考えられてきました。

しかしキッズラインは業界最安値をうたっています。群馬の高崎で検索すると料金1時間1300円〜でした。

社長は私が大好きな経沢さんです。Voicyのかほこママとしても活躍されてます。

ベビーシッターについては日本ではまだまだ偏見もありますが、、、私も一度利用してみたいなと思ってます。問題解決はたくさんありますからね。

絶望せずにいろんな解決策を考えて行きましょう。そのためにもまず睡眠!

シンデレラスリープ
フクシマパパは子育てママ・パパを応援しています。

高崎市の耳より情報を教えてもらえると記事に役立ちます